早朝から頑張って場所取り

小学校は人数も多いし、校庭は広いけどその分保護者の数も沢山で場所をとるだけでもとても大変ですよね。ちょっとビックリですが、早い方では前日の夜中から寝袋に入って並んでいる方もいるくらいです。朝遅くでも5時30に並べは良い席は必ず取れます。小学校によっては、PTAのお助け隊に登録して、運動会のお手伝いをすれば優先して場所をとれると言う学校もあります。一生の我が子の思い出の写真一日だけ頑張って早く並んでみるのもお勧めです。

夫婦で違う場所で撮る

カメラが2台あれば夫婦で違うアングルで写真をとる事が出来ますよね。これはとってもお勧めです。カメラとビデオ違う場所も良い方法ですよね。子供が2人以上いる場合は特に有効的なこの方法。前日に夫婦で家族会議をし、このプログラムの時にこの場所へ移動など話し合うと、当日はとてもスムーズに写真をとる事が出来ますし、素敵な写真を残せるでしょう。家に帰ってからが楽しみ写真をスライドショーで流し写真を通して家族の中も深まりそうですね。

子供に派手な靴下を履かせる

運動会はみんな同じ体操服と赤白帽ですよね。我が子がどこにいるのか探しているうちに終わってしまったり、違う子の写真を撮っていたなど、そんな経験をされた方もいると思います。そんな時にお勧めは「派手な靴下」です。他の子は誰も履かなさそうな「カラフルな靴下」でも大丈夫でしょう。ダンスの時やクラス競技の時など移動が多く我が子を見つけにくい時は、この方法が一番良いですよね。髪型を可愛くと言うのも効果的ですね。

学校写真を眺めていることで、若かりし自分を思い出して、一から気持ちを入れ替えて頑張ることができます。