出席人数が少なく、結婚式費用の節約になる

友人や仕事関係の人など、お世話になった人をたくさん呼んで、豪華で大規模な結婚式は大きなパーティーのようで良いですが、親族のみで執り行う小規模な結婚式にも良いところはたくさんあります。では、家族婚をするメリットとはなんでしょうか。今回、その例の3つをご紹介します。家族婚をするメリットの一つ目は、結婚式費用を節約しやすいという点です。親族しか呼ばないので、必然的にゲスト人数は減るため、それにかかる会場費や披露宴の料理の費用など、諸々の料金が安く済みます。

親族だから、お互い気を遣いすぎない

家族だけで行う結婚式の2つ目の利点は、気を遣わなくても良いということです。例えば、身内なのでお互いの食べ物の好みを把握していることも多く、料理の種類を決めやすいです。好みを知らなくても、相手に尋ねることも、家族間なので簡単ですよね。また、出席者のなかに小さな子どもがいる場合でも、「式の最中に子どもが騒いだらどうしよう」と、他人の結婚式なら気を遣うところですが、家族ならそんなに気兼ねする必要もないでしょう。これは子連れの親にとってとても有り難いことです。

こういう機会だからこそ、家族に直接お礼が出来る

3つ目の家族婚のメリット、それは家族に直接感謝の気持ちを伝えやすいことではないでしょうか。他にたくさんのゲストがいれば、家族だけに構うわけにもいかず、出席者全員に気を配る必要があります。しかし、家族婚ならもっと直接的にお礼をし易いといえます。例えば、両親にプレゼントや手紙を送る、家族の好きな料理を出す、親戚の子どもたちが楽しめるような演出をするなど、他人がいないからこそ好きなスタイルで親族にこれまでの感謝の気持ちを形にして贈ることが出来ます。

少人数の家族や親戚だけで行う家族婚は思い出深い結婚にしたい方に向いています。騒いで終わる結婚式よりもゆっくりと会話できる結婚式です。