白のドレスはNG!!

結婚式で「白」は、新婦が身につける色と決められています。そのためゲストと参加する際のドレスが「白」はタブーとなります。白に近いベージュや薄いピンクなども写真などに写った場合、「白」に見えてしまう事もありますので避けておいた方がいいでしょう。そういった色のドレスしかない場合などは、羽織を濃い色にしたり濃い色の小物と合わせたりして工夫をするといいでしょう。反対に「白」に近い色の羽織物の場合は濃い色のドレスと合わせるといいですね。

露出し過ぎのドレスはNG

結婚式のドレスでは、過度に露出しているものは避けておくようにしましょう。ノースリーブドレスなどの肩が出てしまうドレスでは、ボレロや羽織物などで肩を隠すようにするのがマナーとなります。またドレスの丈は、最低でもひざ丈ぐらいのものを選ぶのがベストです。ただし二次会や夜の披露宴などでは、これらのようなドレスの制限はありません。久しぶりにドレスを着た時に、丈が短くなっていたりする場合もありますので、早めに試着をしておくようにしましょう。

素足はマナー違反になる!

結婚式では、どんなドレスであっても仮名ラスストッキングは着用するようにしましょう。ただし黒のタイツやカラータイツ、網タイプの物は避けて、ベージュ系のナチュラルストッキングにするのが基本です。ただしカジュアルな披露宴や二次会、夜の披露宴などでは、あまり派手すぎないものであればストッキングの種類も自由ですのでドレスに合わせてコーディネートしましょう。靴はミュールなどの足先が出る物はNGとなり、必ずパンプスなどに足先が隠れる物を選ぶ事です。

福岡の結婚式場は現代のさまざまな趣味や、生活スタイルに合わせた式場が多くあります。それぞれ特色も違うので見学してみるといいところを見つけられおもしろいです。